自然界の放射線

自然界の放射線

人は日常生活でも自然に放射線を浴びています。
地球には様々な放射性元素が存在し、現在でもウランやトリウムなど約70種の放射性元素が存在しており、 それらを含む大地や食物、宇宙からも放射線を浴びています。
(ここがあまりニュースとかで取り上げられないですよね)
1年間に浴びる量は2.4mSv(ミリシーベルト/世界平均)程度と言わています。

放射線の量(ミリシーベルト)
7000〜10000 全身被ばく:100%の人が死亡
1000 全身被ばく:10%の人が悪心、嘔吐
500 全身被ばく:末梢血中のリンパ球の減少
200 全身被ばく:これより低い線量では臨床症状が確認されていない
10 ガラパリ地方(ブラジル)の自然放射線(年間)
6.9 CTスキャン(1回)
2.4 一人当たりの自然放射線の世界平均(年間) (宇宙から0.39/大地から0.48/食物から0.29/空気中のラドンから1.26)
1 一般公衆の線量限度(年間)(医療は除く)
0.6 胃のX線集団検診(1回)
0.2 東京−ニューヨーク航空機旅行による宇宙線の増加(往復)
0.05 胸のX線集団検診(1回)原子力発電所(軽水炉)周辺の線量目標値(年間)


>>放射能とははこちら
>>自然界の放射線はこちら
>>放射能が母乳に与える影響(母乳汚染)はこちら
>>母乳育児と放射能はこちら
>>Linksはこちら

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2011 放射能が与える母乳への影響 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system